MENU

ニューモデルの車に乗り換えたい時には

車好きの方ではなくとも、自分の乗っている車の新型が出たら少しは気になりますよね。
しかし、乗りたいと思っても最新モデル新車購入をするのは、特に値段面でとても手が出ないと思います。
そう言った時におすすめなのが、車買い取り専門店の新型車販売サービスです。

 

車買い取り専門店には、1日でおよそ3000台ほどの車が入荷しています

差はありますが、新型車だけでおよそ3000台ほどの車が毎日入荷しているのが特徴です。
つまり、上手くタイミングが合えば買い取り専門店で新型車を買う事が出来るのです。

 

低走行歴の車、新しい年式の車は狙い目

年式が新しい、高年式車と、走行距離が少ない低走行歴の車は、買い取り専門業者が新車に近い中古車として管理していることがあります。

 

走行距離や年式などのデータはもちろん、専門の査定士が車そのものを隅から隅まで十分にチェックした上で認定しています。
業者によっても変わるかもしれませんが、チェックする項目数はおよそ2000個もあるらしいです。
内外装に加えて、内部の劣化具合などを細かくチェックするためです。

 

当然、チェックだけではなく、購入後のサポートや保証も充実させている業者が多いので、安心できると思います。

 

新車に近い中古車を探している方には是非おすすめの探し方です。

 

年式、低走行距離で選ぶ

デザインや車種はともかく、使用感の浅くて出来るだけ新しめの車を探している方は、距離5000キロ以内、年式1年以内の車がおすすめです。
数は少ないですが、距離100キロ以内に絞って探すのも良いと思います。

 

最新型の現行モデルに乗りたい

中古車だと前世代モデルの新車価格で、現行モデルの車を買う事も可能です。
当然、数は限られてきますが、買い取り販売業者だと様々な年式、モデルの中古車を扱っているため、ラインナップもとても充実していると思います。
もちろん買い取った車は査定士がしっかりとチェックしているので、新型車だとしても訳アリなどではなく、品質の高い中古車を探せるでしょう。

ニューモデルの車に乗り換えたい時には記事一覧

ディーラーで買う新車は、実は購入者によって微妙に価格が異なるのです。簡単に言うと長く地道に値引きを迫る人は得をして、簡単に決める人ほど損をしている。と言っても過言ではありません。このからくりを把握すれば、2日もあれば大幅な値引き額が期待できると思います。【1日目・交渉術その1】 「下取り車の適正価格を調べる」ディーラーで新車を買う場合は、大半は現在の車を下取りに出しますよね。最初にディーラーが提示...

【1日目・交渉術その5】「ディーラーで3車種ほど、見積もりを取る」前回、担当のセールスマンを見つける時点で終了しましたが、次は車の見積もりを取ります。まず第一印象を付けるために、明日には必ず買う判断をするという意思を明確に伝えてください。明日には買うか買わないか完全に決めるということは、値引きは1回目の商談から最大限で、他社に負けない程の値引きを誘える。というのが非常に大切なためです。少ない回数...

【2日目・交渉術その9】「実印を持って行き、最終見積もりをもらう」2日目は実印を持ってディーラーに行きます。最終見積もりをもらってから、前日の見積もりを上回っているいないにかかわらず、撤収して他社の商談に行きます。仮に納得できる値引き額になったとしても、他社との兼ね合いによってさらなる値引きが期待できるためです。逆指し交渉術話すのが上手い人にオススメな交渉術をご紹介します。普通、車の値引きとはこち...