車売却に必要な書類

MENU

車の売却に必要な書類・事前に確かめておきましょう

車の状態や種類などで若干の差異はありますが、一般的に必要とされる書類について書いて行きます。
特殊な車などの場合は、買い取り業者などと相談しながら進めていくと確実です。

 

また全ての車種に言えることですが、整備手帳や車の取り扱い説明書、スペアキーがあれば査定にプラスされますし、交換したパーツがあれば、交換前の純正パーツに戻してから査定をするとプラスになる確率が上がります。

 

普通自動車

 

必要な書類

  • 自賠責保険、自動車納税の証明書と自動車検査証
  • 実印と、発行から1か月以内の印鑑登録証明書 2通
  • メモなどに書いた振込口座
  • 預託済みならリサイクル券

これらが必要になります。

 

もし自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が、現住所と違うとか、名前が異なる場合には

 

住所変更が一度の場合 住民票
複数回の場合 住民票の除票か戸籍の附票
結婚などで姓が変わっている場合には戸籍謄本が必要になるので確認しておいてください。

 

 

また、買い取り業者に譲渡証明書と委任状を用意してもらうのも忘れないようにしてください。

 

軽自動車

  • 自賠責保険、軽自動車納税の証明書と自動車検査証
  • 印鑑(軽の場合は実印では無く認印で大丈夫です)
  • メモなどに書いた振込口座
  • 預託済みならリサイクル券

これらが必要になります。

 

買い取り業者には自動車検査証記入申請書を用意してもらいましょう。

 

万が一書類が見つからない場合

もし書類をなくした場合でも、だいたいの書類は再発行が出来るので安心してください。

 

自賠責保険証は免許証などの身分証を持って、保険会社に行くと無料で再発行が出来ます。
車検証は登録している陸運局で再発行が出来ますが、手数料と申請代がかかります。
納税証明書は管轄の各都道府県にある税事務所で無料で再発行が出来ます。

 

とても便利な買い取り業者を使う

買い取り専門業者は、その名の通り買い取りに関することには強力な助けになります。
当然、車売却に必要な手続きも一通り代行してくれますし、それ以外にも便利な代車サービスなど、様々なサービスがあるので是非検討してみてください。

 

手続きの代行

 

売却、購入の際は車の名義を変更するために行う、移転登録をする必要がありますが、通常の買い取り業者はこれにまつわる手続きをすべて代行してくれます。
名義変更が完了した際には通知書が送られてくるので、念のために取っておきましょう。

 

代車サービス

通勤などに使っている車を買い替えるという時には、車のつかえない日が一日でも短い方が良いですよね。
最近では、売却した後に新しい車が来るまでの代車も、買い取り業者が用意してくれる所が多くなっています。
しかも一定の期間なら無料貸し出しが出来るところも増えてきましたので是非活用しましょう。

 

ローン残債サービス

実は、ローンが残っている車も、業者次第では売ることが出来ます。
詳しいサービス内容は業者ごとに異なるので、詳しくは売却予定の業者と相談してください。

 

ですが、ローンが溜まって行ってしまう可能性があるので出来ればローンを完済してから次の車を買うのをお勧めします。

 

ローンの残債よりも、買い取り額が多い場合

そのまま買い取り金額からローンの残債額を引いた額が売り手に渡ります。

 

ローンの残債より買い取り額の方が少ない場合

そのままローンが残り、クレジット会社を利用して払っていきます。