車のブレーキについて解説

MENU

ブレーキの種類

車は、止まるのにも、速度を落とすのにも、「ブレーキ」が必要です。運転者の意思で必要なときに減速できなければ命にかかわる重要なパーツです。
ブレーキには大きく分けて「フットブレーキ」「パーキングブレーキ」「エンジンブレーキ」があり、されにフットブレーキには、ディスクブレーキ、ドラムブレーキの2種類があります。

 

ディスクブレーキ

「ディスク ブレーキ」は、ブレーキディスクをブレーキパッドで挟んで、その摩擦により車を減速させる仕組みです。
タイヤ1つにつき、ブレーキパッド2つが収容されているキャリパーが装着されていて、タイヤと共に回転しているブレーキディスクを、油圧により2枚のブレーキパッドが左右から挟みこみます。
最も多くの車に採用されているブレーキです。

 

ディスクの摩擦面が露出しているため、熱が放出しやすくなっています。ドラムブレーキの熱がこもり効きが悪くなるような欠点を克服したブレーキで、もっとも多くの車に採用されています。

 

 

ドラムブレーキ

「ドラム ブレーキ」は、ドラム(太鼓)の形をしたブレーキです。タイヤとともに回転するドラムの中にブレーキシューが組み込まれています。そのブレーキシューをドラムに押し付けて、摩擦により減速します。
構造がシンプルで、製造コストが安すくすみます。

 

ドラムの中で行われるため、内部に熱がこもりやすくなります。ドラムとブレーキシューがこすれあう部分が高熱になると、摩擦力が弱くなり、ブレーキの効きが悪くなるという欠点があります。また、摩擦により発生するカスがたまりやすく、そのために効きが悪くなる場合もあります。
そのため、フロントの荷重が大きいFF車で、重量の軽めのコンパクトな車のリヤタイヤに採用されることが多いです。

 

 

ABS

「ABS」は、Antilock Brake System(アンチロック・ブレーキ・システム)の略です。
タイヤの回転数と車の速度を常に把握して、急ブレーキにより、タイヤがロックしそうな状態を判断して自動的にポンピンブレーキをかけてくれるシステムです。

 

ブレーキを急に強く踏み込んで、ブレーキがタイヤを止める摩擦力が、路面とタイヤの摩擦力よりも大きくなってしまうと、タイヤがロックしてしまいます。こうなるとタイヤは路面を滑り、ハンドル操作が効かなくなります。
急ブレーキの他にも、雨で濡れた路面、アイスバーンなどでスリップする場合もあります。

 

タイヤがロック状態にならないためには、一気にブレーキを踏まずに、ブレーキを踏み込んで放すを繰り返すポンピングブレーキを行い、徐々に減速する操作が必要です。
ABSが、このポンピングブレーキを自動的にかけてくれることで、急ブレーキをかけてもタイヤがロックせず、ハンドル操作で方向転換が可能になります。

 

 

パーキングブレーキ

「パーキング ブレーキ」は、停車中に使用する補助ブレーキで、「サイド ブレーキ」ともいいます。
フットブレーキとは別の独立した回路をもっていて、手動式のハンドブレーキタイプと足踏み式のペダルがあります。油圧で作動するフットブレーキとは違い、ワイヤーでブレーキを作用し、正動力は弱くなります。

 

エンジンブレーキ

「エンジン ブレーキ」は、フットブレーキのようなブレーキ用パーツがあるのではなく、エンジンの回転抵抗によって制動力を得ることをいいます。
エンジンはアクセルを踏んでいるときは駆動力が働きますが、アクセルを離すとエンジンの回転数は落ちていきます。また、ギヤを低くセレクトすると、加速性は良くなりますが抵抗も大きくなります。こうしたエンジンによっての制動力を利用してスピードをコントロールすることをいいます。