車のETCについて解説

MENU

ETC

「ETC」は、Electronic Toll Collection Systemの略で、ノンストップ自動料金支払いシステムのことです。
これは高速道路の料金所で、車両に搭載した無線通信を利用して通行料金を支払うシステムです。料金所で窓を開けて係員とのやり取りが必要なく、減速するだけてスムーズに通過できます。これにより、高速道路の渋滞解消につながります。

 

ETCの車載器を車内に取り付けて、クレジット会社から発行されている「ETCカード」を指し込みます。ETCカードと車載器はそれぞれ独立しているため、ETCカードは他人の車やレンタカーやでも利用できるようになっています。利用料金はそのETCカードのクレジット契約口座から引き落としされます。

 

ETC車載器には、アンテナと本体が一体になったタイプと、アンテナと本体が別になったタイプがあり、カー用品店やディーラーなどで販売されています。
ETCカードと、ETC車載器を購入したら、カー用品店、ディーラーなどの特約店でセットアップを行ってもらいます。これは車載器を利用する車の情報を暗号化して車載器に格納する作業です。

 

これにより、高速道路のETC専用レーン、ETC/一般レーンを、20km/h以下の速度で通過するだけで料金が支払えます。

 

また、ETCを利用している車で、日本道路株式会社の管理する高速道路を走行すると、様々な割引サービスが利用できます。

 

 

ETCカード

「ETCカード」は、クレジット機能により、登録されているクレジット契約口座から自動的に高速道路料金が引き落とされるようになっています。
ETC車載器を搭載しても、このカードがなくてはETCの利用はできません。逆に他人の車やレンタカーの車載器であっても、自分のカードを差し込み利用することができます。

 

ETCカードは、主にクレジットカード会社から発行されています。
クレジットカードとETCカードが一体になったタイプと、2枚別になったタイプがあります。この2枚タイプのETCカードの方にはクレジット機能はついていません。

 

各クレジット会社から、様々なタイプのカードが発行されています。

 

●出光まいどプラスカード
年会費無料、ガソリン・軽油代が2円/L割引(入会後1ヶ月は5円/L割引)。

 

●ドライビングサポートカード
年会費無料、無料ロードサービス・事故処理サービス付き。

 

●JCBカード
年会費1,312円、ガソリンスタンド・高速道路での利用料金に応じてキャッシュバック。

 

●NICOSカード
年会費1,575円、自家用車・原付・二輪車のロードアシスタントサービス付き。

 

いろいろなサービスがありますので、カードの特徴や特典などをふまえて自分にあったカードを選びましょう。

 

 

ETC車載器

「ETC車載器」は、ディーラー、カー用品店などで販売されています。ディーラーで取り付ける純正タイプはインテリアに違和感なく、すっきりとしていますが、カー用品店よりも割高になります。

 

●一体型
アンテナ、スピーカー、カード差込口が一体になったタイプです。無線通信により送受信を行うため、ダッシュボードなどフロントガラス付近に取り付けます。外から見えるため、カードを抜き忘れると盗難などの危険性もあり、注意が必要です。

 

●分離型
アンテナ、スピーカー、カード差込口が分離したタイプです。アンテナはフロントガラス付近に取り付けますが、スピーカーとカード差込口は見えない場所に付けられるため、見た目はすっきりとします。

 

≫ ETC車載機 ネットランキング
どんなETC車載機を選べばいいかわからない場合は、ひとまず売れ筋をチェックしてみてください。気になる機種があるかもしれません。

 

 

ETC深夜割引

午前0時から、午前4時の間に日本道路株式会社の管理する高速道路を走行すると「ETC深夜割引」が適用され、料金が30%割引になります。

 

この場合、下記が適用条件となります。
・午前0時〜午前4時の間に高速道路に入る。
・午前0時〜午前4時の間に高速道路を出る。
・午前0時〜午前4時の間に高速道路を走行する。

 

入る時間、出る時間、走行時間のどこか一部が0時〜4時であれば、割引が適用されます。
もし、午前0時前に料金所を通過して、出る時間も午前0時前であればサービスエリアで休憩をとり、0時を過ぎてから出ると割引対象になります。
また、料金所を通過する時間が午前4時前であれば、午前3:59に通過しても割引となります。

 

 

ETC前払い割引

ETCでの支払い料金を、あらかじめ毎払いしておくことで、無料通行金額がサービスされます。

 

前払い金額は1万円と5万円の2種類です。
1万円につき500円、5万円につき8000円分が付与されます。

 

このサービスは、「ETCマイレージサービス」との併用はできません。両方のサービスを使った場合は、この前払いサービスの方が適用去るようになっています。

 

 

ETCマイレージサービス

「ETCマイレージサービス」 はETCを利用して日本道路株式会社の管理する高速道路を走行すると、利用金額に応じて、ポイントが貯まるサービスです。
ポイントは、高速道路の利用50円で1ポイント。一般有料道路では100円で1ポイントです。このポイントに応じた金額分が無料で通行できます。
このサービスは事前に登録申し込みが必要です。

 

●ポイントの変換金額
100ポイント=200円
200ポイント=500円
600ポイント=2500円
1000ポイント=8000円
ポイントが貯まるほど、利用金額も増えてお得になります。
ただ、大きく貯めようとしてもポイントの期限は2年間ですので、期限切れにならないように気をつけましょう。

 

このマイレージサービスは、「ETC前払い割引」との併用はできないので、前払い分があると自動的に適用され、ポイントにはなりません。