FR、FFなどの駆動方式について

MENU

駆動方式について

車内部でエンジンの置いてある場所、そしてその力が伝わるタイヤによって駆動方式が決まります。
この駆動方式には、FR、FF、RR、MR、などのタイプがあり、前の文字がエンジンの搭載位置、後ろの文字は駆動するタイヤを示しています。
この駆動方式により、車内部だけではなく、車の重量のかかる場所や車の外見にも、その違いがでてきます。

 

 

FR車

「FR」は、フロントエンジン・リヤドライブの略です。
エンジンは前方にあり、後輪を駆動させる方式です。プロペラシャフトを通じて、前方のエンジンの回転を後輪に伝えます。

 

振動を前と後に分散できるため乗り心地がよく、高級車やスポーツタイプの車に使われることが多くあります。

 

英語では「コンベンショナル」(月並な)と呼ばれることもあるように、以前はこのFRが一般的に使われていました。しかし、プロペラシャフトなどの部品が増える分、室内が狭くなります。そのため居住スペースを十分に取るには不向きなこともあり、普通乗用車では減少傾向にあります。

 

 

FF車

「FF」は、フロントエンジン・フロントドライブの略です。
エンジンは前方にあり、前輪を駆動させる方式なので、エンジンのすぐ下に駆動輪があります。

 

同じタイヤで駆動と操舵を行うため、運転はスムーズですが、前部分に重量が偏るため、カーブでは前側に遠心力がかかります。そのためアンダーステアになりやすい傾向があります。

 

後輪を駆動させるFRのようなプロペラシャフトなどの部品が必要なく、その分車内を広くとることができるためコンパクトな車も可能です。

 

 

RR車

「RR」は、リヤエンジン・リヤドライブの略です。エンジンは後方にあり、後輪を駆動させる方式です。

 

後部分に重量が偏るため、カーブでは後側に遠心力がかかります。そのためオーバーステアになりやすい傾向があります。

 

エンジンスペースが後方にあるため居住空間は狭くなり、通常は後側にあるトランクルームは前にあります。

 

 

MR 車

「MR」は、ミッドシップエンジン・リヤドライブの略です。
エンジンは前後のタイヤの間にあり、後輪を駆動させる方式です。

 

重量が車の中央にくるため前後のバランスがよく、惰性力が少ない、方向転換しやすいという長所があります。

 

エンジンスペースのため居住空間はせまくなり、ノイズも高くなります。スポーツカー、レーシングカーに多く採用されています。

 

 

4WD 車

「4WD」は、4ホイールドライブの略で、4輪を駆動させる車です。
エンジンのパワーが4輪にバランスよくかかるため、発進、加速がスムーズに行われます。

 

かつては、そのほとんどがジープタイプでしたが、悪路走行にも強く、オフロードや雪道でも活躍するため、現在ではほとんどの乗用車で4WD仕様車がでています。