車のボディー形状について

MENU

車のボディーについて

車の印象は、ボディーのデザインで大きく変わります。車購入時の決め手にもなります。
車のボディー形状には大きく分けて、下記の3タイプがあります。

 

1ボックス : エンジンルーム、居住スペース、トランクルームが一体になった1つの箱型形状。
2ボックス : 独立したエンジンルームと一体型の居住スペース、トランクルームの2つに分かれた形状。
3ボックス : エンジンルーム、居住スペース、トランクルームがそれぞれ独立した3つに分かれた形状。

 

その中で、さらに細かく分類されていますが、ここでは、その代表的な形を紹介しています。

 

 

セダン

「セダン」とはアメリカでは「乗用車」の意味。エンジンルーム、居住スペース、トランクの3BOX型で、最も一般的な形状です。
また、イギリスでは「サルーン」、ドイツでは「リムジン」と呼びます。「リムジン」はVIP用の豪華な車をいいますが、ドイツでは通常の乗用車のことです。
このセダンは、より快適性を高めた高級車タイプから、高性能なラリータイプまで様々なタイプがありますが、快適性と実用性を兼ね備えた基本形と言えます。

 

 

ハードトップ

「ハードトップ」は、金属やプラスチックの硬い取り外しのできる屋根を持つものを言いますが、現在では屋根と車体は一体型となっていて、窓枠がないものを言います。窓を開けると広々として開放感があります。
センターピラー(前窓と後窓の間にある柱)がない、フルオープンになるタイプもありますが、安全強度のため、ピラーのある「ピラードハードトップ」が主流です。
全体の形状は「セダン」とほぼ同じですが、車高が低めに作られているため、よりスポーティな印象になります。

 

 

クーペ

「クーペ」は、リヤシートの屋根部分が短めで、全体的に低いシャープなシルエット。スポーツカーと呼んでもよいでしょう。
スポーティなデザイン重視のため、セダンタイプよりも後部座席は狭く、2シータタイプのものもあります。
独立したトランクルームのある「ノッチバッククーペ」と、居住スペースとトランクルームが一体になった「ハッチバッククーペ」の2タイプがあります。

 

 

ハッチバック

「ハッチ」は、跳ね上げ式のドアのことです。コンパクトなボディサイズで、バックにこのハッチを取り付けた形状。
荷物の収容力は高くはありませんが、リヤシートを折りたためるようになっていて、室内の大半を荷物室として使うことができます。
コンパクトな室内空間を上手に利用して、より有効的に使える経済的な車です。

 

 

ステーションワゴン

「ステーションワゴン」は、前部分はセダン型で、後部座席とトランクルームがつながった形です。トランクルームがルーフの高さまであるため、収納力に優れています。
ステーションワゴンは、直訳すると「駅馬車」というだけあり、人も荷物も運ぶ実用性の高い車です。
以前は、その実用性重視でしたが、よりスポーティな形が増えて、実用性だけではなく、デザイン性でも人気の高い車種です。

 

 

ミニバン

通常「バン」とは箱型の荷物室を持つ車ですが、ミニバンは小さなバンという意味ではなく、 「ミニバン」という車種になります。
外見はコンパクトですが、車高はセダンタイプよりも高めで居住スペースを広くとっているのが特徴です。
トランク部分を居住スペースに当てているため、荷物を多く詰むよりも、後部座席をゆったりとることを重要視しています。
軽からミディアムクラスまで多くのタイプがあり、3列シートになるものや、シートアレンジをできるものもあります。

 

 

SUV

「SUV」は、スポーツ・ユーティリティー・ビーグルの略で、「スポーツ多目的車」と呼ばれます。
最低地上高と車高が高めにつくられていて、視界もよく、頑丈な外見です。4WDでオフロードの悪路での走行も得意ですが、通常の路面走行でも人気の高い車です。
元は、オフロード走行が特徴でしたが、最近では「都市型」と呼ばれるタイプや、2WDも多く出ています。

 

 

ピックアップ

「ピックアップ」は、屋根のない独立した荷台をもつ小型トラックで、サイドパネルが運転台から荷台まで一体に作られています。
荷物を積むことが目的のため、居住スペースは広くはありません。1列シートのものを「シングルピック」、2列シートのものを「ダブルピック」と呼びます。
主に商用に使われますが、アウトドアやレジャーなどでも活躍します。

 

 

オープンカー

「オープンカー」は、屋根のない車のことですが、屋根を取り外したり、折りたたんで収納できる車も含めてオープンカーと呼ばれています。
タイプにより「コンパーチブル」「カブリオレ」「ロードスター」「スパイダー」などの名前があり、「コンパーチブル」は「変換できる」という意味で、オープンカーの総称としても使われます。
屋根は、金属製で取り外すタイプのものや幌で折りたたむタイプのもの、手動あるいは電動、屋根すべてを収納する「フルオープン」、一部だけを取り外す「タルガトップ」と、オープンカーには様々なタイプがあります。