車についていろいろなお得情報を発信します

MENU

車の洗車について

手洗い洗車

愛車のリフレッシュといえば、まず「洗車」です。洗車は、単に汚れが落ちればOK!ではありません。手洗い洗車は真剣にやると実に奥の深い作業です。

 

【用意するもの】

バケツ・ウェス(布)・水道ホース・シャンプー剤(台所用中性洗剤でも代用可)・スポンジ

 

【洗車の手順】

常にルーフから始めます。下から洗うと、上部の汚れた水が洗った箇所に流れていってしまいます。

 

【洗車のコツ】

大きなゴミは軽く払ってから、ボディに水をかけて十分に汚れをふやかします。スポンジにたっぷりとシャンプーを含ませ、力を入れずに拭き洗います。ウェスを使うときは、つねに折り返して、新しい面を使うようにしましょう。
スポンジやウェスは縦と横に動かすと、磨き傷がついたとしてもあまり目立ちません。円を描くとローリングスクラッチ(円状の磨き傷)をつくる原因になります。

 

※注意 : 日差しが強くてボディが熱くなりすぎていると、乾きが早く、シャンプー成分のシミができやすくなります。ボディが焼けるほどの強い日差しのときは避けるようにしましょう。

 

 

洗車の水洗い

小雨に軽く濡れた程度なら、「水洗い」で手軽にすますこともできます。ワックスがかかっていれば、汚れも落ちやすく磨き傷もあまりつきません。

 

(1)水をかける。
ボディにたっぷりと水をかけて、汚れを十分に湿らせます。

 

(2)拭き洗いをする。
たえず水をかけながら、ウェスで力を入れずに、軽く拭き洗いします。円を描くと磨き傷が目立つので、ウェスは縦、横方向に動かします。ウェスは何枚も用意しておいて常に新しい面を使うように、汚れたら折り返し交換します。

 

(4)タイヤを洗う。
タイヤはブラシで洗いますが、十分に水をかけて汚れを湿らせてから洗います。

 

 

洗車シャンプー

車のボディの汚れは、油分が多く含まれています。水だけではなかなか汚れを落とすことができないので、シャンプー剤を使って汚れを分解させ落とします。
シャンプー剤は、台所用の中性洗剤で代用できます。油汚れが落ちやすいので、頑固な油汚れも落ちやすいです。ただ、臭いがボディにつく場合があるので、無臭のものを選びましょう。

 

(1)シャンプー液をつくる。
バケツの水にシャンプーを適量溶き、十分に泡立てます。シャンプー剤が濃すぎるとシミの原因になるので、あくまでも適量です。

 

(2)ボディに水をかける。
汚れをふやかせて落ちやすくするため、ボディ全体に水をかけます。

 

(3)シャンプー剤で洗う。
スポンジにシャンプー液をたっぷり含ませて、力を入れずにルーフから洗っていきます。磨き傷が目立たないように、スポンジは縦、横に動かしましょう。

 

(4)ホイールの汚れ。
汚れがこびりついて落ちにくいときは、台所用中性洗剤を濃いめに溶いて洗います。

 

(5)水で流す。
シャンプー液は乾くとシミになるので、たっぷりの水で十分に流します。

 

 

洗車のふき取り

水で流したあと、乾かないうちにふき取っていきます。
セーム革は十分に水で湿らせて柔らかくしてから使います。ウェスの繊維屑はローリングスクラッチの原因になるので、繊維屑のでない洗いざらしの綿素材がよいでしょう。

 

(1)拭き取っていく。
磨き傷がつかないように縦、横方向にウェスを動かします。常に折り返してきれいな面を使い、汚れたらバケツですすぎ洗いします。

 

(2)車を走らせる。
細部に入り込んだ水は、拭き取ることができず、錆やシミの原因になります。車を走らせて、振動と走行風で水分を出してから、流れ出た水滴を拭き取ります。

 

(3)湿気を取る。
室内に湿気が残ることがあるので、ドアやトランクルームを一定時間開けておいて湿気を取ります。

 

 

細部の洗車のコツ

フロントグリルや、ボディの境目、エンブレムなど、細かい部分は洗いきれずに汚れが残ってしまいます。すみずみまできれいにすると、仕上がりは格段に違ってきます。

 

(1)フロントグリル
割りばしにウェスを巻きつけて、スミや中の方も拭いていきます。

 

(2)ホイール
複雑なホイールのスミは歯ブラシを使います。新品は傷がつくおそれがあるので、使い古しの歯ブラシにしましょう。

 

≫ ホイールクリーナー商品例 icon
頑固なホイールの汚れをスッキリと落とすための、洗浄力の強い専用クリーナーもあります。

 

(3)隙間の汚れ。
綿棒に洗剤を湿らせて拭いていきます。

 

【鳥の糞の掃除】
鳥の糞は、酸が含まれていてシミになりやすいので、すぐに落としましょう。たっぷりとシャンプーをかけて、柔らかくなるまで置きます。硬くなった糞を無理にこすると傷つけてしまうので、柔らかくなるまで待ってから力を入れずに拭き取ります。
全部を取り切れないときは、また湿らせて柔らかくなるのを待ってから、また拭き取ります。

 

≫ 虫とりクリーナー商品例 icon
こびりついた虫や鳥の糞を手軽にスッキリと落としたい場合に利用できる虫とり専用のクリーナーもあります。

 

 

車のワックスがけ

車をきれいに洗っても、またすぐに汚れがこびりついてしまいます。ワックスやコーティングなどで塗装面を覆うと、ツヤがでるだけではなく汚れから保護することもできます。

 

(1)スポンジ、あるいはウェスを湿らせる。
ワックスは水気がある方が伸びがよくなります。スポンジやウェスを湿らせ堅く絞ります。

 

(2)ワックスを塗り込む。
厚塗りをせず、少量を薄く広げるように塗り込んでいきます。
ルーフから塗っていくと、衣服を汚さずにすみます。

 

(3)拭き取り
ワックスが乾いてきた順に拭き取る場合は、拭き取りずらく、拭き残しもあるので、部分的に塗ってすぐ拭き取る方が作業はしやすいでしょう。ウェスはたえず折り返してきれいな面を使います。

 

(4)細部の拭き取り
ワックスのかすを払い、隙間に入り込んだワックスは綿棒を使って拭き取ります。

 

※注意
・ローリングスクラッチをつけないように、スポンジ、ウェスは必ず縦、横方向へ動かします。
・ワックスのかすをウィンドウに落とすと油膜の原因になるので、気をつけましょう。
・ワックスのかすで、ウォッシャー噴射孔が目づまりすることがありますので、ワックスがかからないようにしましょう。

 

≫ カーワックス売れ筋ランキング
どんなワックスを選べばいいかわからない場合は、ひとまず売れ筋をチェックしてみてください。気になるワックスがあるかもしれません。

 

≫ ヨーロッパNo.1カーワックス SWISSVAX
ワックスとしての効果・性能を極限まで追求し、輸入車・国産車、そして車種別に至るまでその塗装特徴を分析して生まれた究極のワックスです。カーケアに必要となるラインナップが豊富です。

 

 

車のワックス選び

ワックスにはいろいろなタイプがあります。ワックスの持ちと作業のしやすさを考慮して、使いやすいタイプを選びましょう。

 

●樹脂コーティング剤
雨や洗車に強く3ヶ月くらい持ちますが、水垢、油膜は避けられず、万能とはいえません。

 

●固形ワックス
1ヶ月くらい持ちツヤもでますが、塗り込む作業に力がいります。

 

●半練りワックス
固形よりも作業しやすいですが、持ちは固形の半分程度です。

 

●液体、スプレーワックス
ドライブ1回限りと思ってもよいでしょう。

 

※注意 : ワックスには水垢や汚れ落としのコンパウンドが含まれています。メタリック車の場合、長い間にはメタリック層が磨耗してなくなってしまうので、メタリック専用タイプを選びましょう。

 

≫ カーワックス売れ筋ランキング
どんなワックスを選べばいいかわからない場合は、ひとまず売れ筋をチェックしてみてください。気になるワックスがあるかもしれません。

 

≫ ヨーロッパNo.1カーワックス SWISSVAX
ワックスとしての効果・性能を極限まで追求し、輸入車・国産車、そして車種別に至るまでその塗装特徴を分析して生まれた究極のワックスです。カーケアに必要となるラインナップが豊富です。

 

 

車の磨き傷の消し方

車を一生懸命きれいに洗った結果、磨き傷だらけになることもあります。ある程度なら、目立たなくさせることがきます。

 

●樹脂剤入りの傷消しワックス。
乳液タイプのワックス状で、傷を埋めるウレタン樹脂が含まれています。3度くらい重ね塗りすると、紙やすりでこすったような傷もほとんど目立たなくなりますが、効果は3ヶ月程です。ワックスがけと同じ要領で塗りこんでいきます。

 

●コンパウンド
コンパウンドは磨き剤です。完全に傷を消すことができますが、塗装表面を削り落とすことになります。