車内のクルーニング方法について

MENU

車内の掃除・クリーニングについて

車の中は、ゴミ、ほこり、髪の毛と汚れやすいものです。狭くて細かいため掃除もしづらい場所ですが、部屋の延長と考えて、常にきれいにしていたいものです。

 

車マットのクリーニング法

 

足元のマットはいちばん汚れやすいところです。マメに洗うようにしましょう。

 

【用意するもの】
洗車ブラシ・ウェス・シートクリーナー:車の布専用のクリーナーはふき取りやすく、成分が残りずらいので、使い勝手がよいです。

 

(1)マットのゴミを落とす。
マットの上のゴミを落とさないように注意深く外へ出します。車外で棒などを使って、マットのゴミを丁寧に落とします。

 

(2)シートクリーナーを噴きかける。
クリーナー成分は短時間で消えやすいので、手早く作業しましょう。

 

(3)ブラシをかける。
洗車ブラシでクリーナーを広げるように、全体をブラッシングします。込めて植毛の根元まで十分にクリーナー成分がいきわたるようします。

 

(4)すすぎ。
水をかけながら力を入れてブラッシングします。

 

(5)乾燥させる。
水分を振り払って水をきってから、乾いたウェスで水分を取ります。風通しの良いところに干して乾燥させます。

 

 

車シートのクリーニング法

 

【用意するもの】
ブラシ・ウェス・シートクリーナー(車の布専用のクリーナーはふき取りやすく、成分が残りずらいので、使い勝手がよいです)。

 

(1)掃除機をかける。
ブラシでシートのゴミを掃き寄せながら掃除機をかけます。スミの方にはゴミが入り込んでいるので丁寧にかけます。
布シートの中にはほこりが入り込んでいるので、棒で軽く叩きながら掃除機で吸い込んでいきます。

 

(2)シートクリーナーを噴きかける。
シートの深部まで染み込まないように薄くかけます。布地を痛めないように軽くブラッシングして拭き洗います。

 

(3)ふき取り。
水に浸して堅く絞ったウェスで、クリーナー成分をふき取ります。ウェスは汚れたら折り返して、常にきれいな面を使います。

 

(4)仕上げ。
乾いたウェスを押し付けながら、水分を吸い取ります。

 

≫ シートクリーナー商品例 icon
布シート用、本革用と専用のクリーナーがあります。汚れを落とすと同時に除菌を行い、革用はツヤを出し革を保護します。

 

 

車カーペットのクリーニング法

 

【用意するもの】
ブラシ・ウェス・カーぺットクリーナー(家庭用)。

 

(1)掃除機をかける。
シートを前後に動かしながら、すみずみまで掃除機をかけます。

 

(2)カーペットクリーナーをかける。
家庭用のカーペットクリーナーをまんべんなくかけて、広げるようにブラッシングします。

 

(3)ふき取り。
水に浸して堅く絞ったウェスで、クリーナー成分をふき取ります。ウェスは汚れたら折り返して、常にきれいな面を使います。

 

 

車内装クリーニング

 

【用意するもの】
ブラシ・ウェス・レザー/プラスチック専用ツヤ出し兼クリーナー

 

(1)ブラシをかける。
パーツの隙間はゴミがたまりやすくて、出しずらい部分です。毛足の長いブラシを使って掃きだします。

 

(2)水拭きをする。
汚れている部分は水でぬらして堅く絞ったウェスで、拭き取ります。ただ、メーターパネルやコンポ類のプラスチック面を、いきなりウェスなどで拭くと細かい傷がついてしまいます。気になる汚れがない場合は、吹き飛ばしてほこりを払うようにしましょう。

 

(3)専用クリーナでふく。
ウェスに専用のツヤ出しクリーナをかけてふいていきます。出しすぎないよう薄くのばします。
ツヤがでて滑りやすくなるので、ハンドルやドア開閉の握りには使わないように気をつけましょう。