サスペンションの種類を解説

MENU

サスペンション

「サスペンション」は、タイヤとボディの間に装着され、路面からの衝撃をやわらげる働きをしています。また、操縦性、安定性にも大きな影響を与える重要な部分です。タイヤも含めて「足まわり」といわれます。

 

車には様々な種類の衝撃と揺れがあります。
・バウンシング : 車体全体の小さな上下の振動。
・ボトミング : 車体全体の大きな上下の振動。
・ピッチング : 車体の前後のシーソーのような振動。
・ローリング : カーブでの旋回の際の車体の左右の傾き。
サスペンションは、これらの振動や揺れを吸収し、乗り心地よく、快適な走行するための役割をしています。

 

サスペンションは、スプリング、ショックアブソーバー、スプリングアームなどの衝撃を吸収するパーツ全体の総称です。主に乗用車に多く採用されているストラット式、ダブルウィッシュボーン式、マルチリンク式と、トラックなどの重量が大きい場合に採用されるリーフスプリング式があります。

 

 

ストラットサスペンション

「ストラット サスペンション」は、ショックアブソーバーとスプリング、ロアアームのみで、サスペンションの中では最もシンプルな構造です。

 

サスペンションアームが、上にあるアッパーアームがなく、下のロアアームしかないためコンパクトにまとまりまるため、エンジンルームを圧迫せず広く使えます。また、路面からの衝撃も広い範囲に分散できるようになっています。最も多くの車の採用されています。

 

 

ダブルウィッシュボーンサスペンション

「ダブルウィッシュボーン サスペンション」のウィッシュボーンとは、鳥の胸の叉骨の意味です。当初はアームが鳥の叉骨の形に似たV字型をしていたため、ウィッシュボーンという名前が付けられました。現在は、V字型ではありませんが、上下2つで対になっているためダブルと呼ばれています。

 

ホイールアライメントの微調整が可能で、比較的自由に設計ができます。また上下2つのアームでホイール回転の中心を支えるために、ショックアブソーバーに無理な力が掛からず、耐久性にもすぐれています。
ただ、部品が多くなるために、コストがかかり、スペースも取られます。大きなボディの車や、安定性を重視する高級車に多く採用されます。

 

 

マルチリンクサスペンション

「マルチリンク サスペンション」は、ダブルウィッシュボーンを基に開発されました。片側3〜5本の複数のアームを使用して車軸の位置が決められます。

 

前後左右に力がかかった状態で、サスペンションが上下の動きをしたときのホイールアライメントの変化を的確に保つことができます。そのため、タイヤの路面への接地性がよくなり、バランスのとれた操縦性が確保されます。
部品が多くなるため、重量が重くなり、構造も複雑になってきますが、他にはない性能持つサスペンションです。

 

 

エアーサスペンション

「エアー サスペンション」は、ショックアブソーバー部分に空気を利用しています。
通常使用されるコイルスプリングは、車の最大積載時を想定して固さが決定されています。そのため、重量が少ないときにはスプリングが固く乗り心地が悪くなります。その欠点を克服したのが、このエアーサスペンションです。
重量や衝撃に合わせて、適切な状態に空気圧を自動調節することにより、常に快適な乗り心地を得られます。

 

大型トラックなどで、リーフサスペンションに代わる物として使われています。しかし、コンプレッサーなどの部品が増えるため、リースサスペンションよりも高価で耐久性にも劣ることが欠点です。
乗用車では高級車で多く採用されています。

 

 

アクティブサスペンション

「アクティブ サスペンション」とは、スプリングとショックアブソーバーの代わりに空気圧や油圧で作動するアクチュエーターを使い、運転状況に応じて動きを制御するサスペンションです。

 

各種のセンサーで車と路面の状態を検知して、コンピューターでサスペンションの動きをコントロールします。様々な運転状況で、快適な乗り心地と確かな操縦安定性を兼ね備えています。

 

 

リーフスプリング

「リーフスプリング」は、長さの違う細長い板状の鋼を重ね合わせたタイプのスプリングです。この板がたわむことで衝撃を吸収する仕組みになっています。
部品が少ないため、スペースを取りません。主に重量物を積載するトラックのリヤサスペンションに採用されています。

 

丈夫で剛性に優れている分、柔らかさが少なく、安定性や乗り心地面で劣ります。また重く、きしみ音が発生するというデメリットもあります。

 

 

コイルスプリング

「コイルスプリング」は、サスペンションの部品のひとつで、鋼をらせん状に巻いたスプリングです。最も多くの車に採用されています。

 

鋼の太さや、巻き数、巻き径などで、柔らかさを調節します。
スプリングの硬さはkgで表示され、数字が高くなるほど硬くなります。

 

スプリングが柔らかいほど乗り心地は良くなりますが、衝撃が大きくなるとスプリングが耐え切れずに縮みきってしまいます。
また、硬くなると、車の左右に荷重がかかったローリングの場合にもスプリングが支えるため、揺れを抑えてくれます。これによりコーナーリングは安定しますが、乗り心地は硬く、悪くなります。
スプリングには、柔らかいながらも大きな衝撃にも耐える性能が求められます。

 

 

ショックアブソーバー

「ショックアブソーバー」とは緩衝器のことでで、車体が上下に動き続ける振動を弱める働きがあります。「ダンパー」とも呼ばれています。

 

コイルスプリングは、力が加わると伸び縮みによる上下運動がしばらくの間続きます。その上下運動により、車は走行中に揺れが続き、不安定な状態になります。この車体の揺れを止めるために、スプリングの動きを制御する装置です。

 

筒状のショックアブソーバーの中に、上下2つの部屋があり、細い穴でつながっています。中に充填されているオイルが、上から力が加わると、穴を通過して上へ移動し、上に引っ張る力が加わるとオイルが穴を通過して下へ移動します。このオイルが穴を通過する際に起こる抵抗が、スプリングの動きとは逆の方向へ力が加わり、動きを抑える仕組みになっています。

 

このショックアブソーバーにより、車の不快な揺れは抑えられ、乗り心地が飛躍的に良くなります。