車のタイヤの構造や酒類について

MENU

車のタイヤの種類や構造について

「タイヤ」は、車の荷重を支え、路面の衝撃を吸収します。また、路面との摩擦により、車を動かす、止める、進行方向を変える、という働きをするため、摩擦はタイヤにとって重要な要素になります。荷重、衝撃、摩擦に耐える丈夫さと、熱や寒さなどの温度変化にも強くなくてはいけません。
素材や構造の他にも、サイズや性能により車にかかる影響は大きく変わります。車に適したタイヤを選ぶことが重要になります。

 

 

タイヤの構造

「タイヤ」は、ゴムという印象が強いですが、タイヤの主な骨格はカーカスと呼ばれる筋のある繊維です。このカーカスがタイヤを形づくり、外側をゴムで覆っています。
タイヤの黒い色は、ゴムにカーボンブラックが加えられているためです。これによってゴムは強度を増し、丈夫で固いゴムになります。近年ではカーボンブラックのほかにシリカも使われ、更に高性能のタイヤになっています。
タイヤには部位によって名称があります。

 

【カーカス】
タイヤの骨格で、プライとビードから成り立っています。

 

【トレッド】
路面と接している面。最も摩擦の激しい部分です。この面に刻まれている模様をトレッドパターンといいます。

 

【ショルダー】
トレッドと、サイドウォールの間、タイヤの角の部分です。ここでトレッドパターンが終わり、走行時の摩擦により発生する熱を逃がす部分です。

 

【サイドウォール】
タイヤ側面、トレッドとビードの間です。路面からの衝撃をやわらげるため弾力が強い部分です。トレッド部と違い、摩擦には弱いので、横からの衝撃による傷には注意が必要です。ここに、タイヤのメーカー名や名前、サイズが書かれてあります。

 

【ベルト】
トレッド部の内側でカーカスを締め付ける役目をしています。これによりタイヤは強度を保ち、路面からの衝撃にもタイヤは変形しずらくなります。

 

 

ラジアルタイヤ

「ラジアル タイヤ」は、カーカスの筋がタイヤの断面に沿って入っていて、タイヤの中心部からは放射状なっています。その表面を剛性の高いベルトで固定しています。

 

側面がやわらかく、路面に設置する部分が固いため、横から力を受けたときには側面が変形して接地面を守り、上下の力に対しては変形せずにしっかりと路面をとらえます。抵抗が小さく、寿命が長いなどの利点がありますが、路面のショックを感じやすいため悪路での乗り心地はバイアスタイヤよりも劣ります。一般的に使われているタイヤの多くがこのラジアルタイヤです。

 

 

バイアスタイヤ

「バイアス タイヤ」は、カーカスがタイヤの断面に対して斜めに、交互に重ね合わせています。重なり合ったカーカスが路面の衝撃を吸収します。

 

カーカスの入る角度によってタイヤの硬さが決まります。柔軟性があり乗り心地はよいですが、耐摩耗性に劣ります。
横から力を受けると路面接地面が浮き上がり、上下の力には変形することがあります。最近はあまり使用されなくなっています。

 

 

コンフォートタイヤ

「コンフォート タイヤ」とは、快適なタイヤという意味で、快適な乗り心地を優先しています。スタッドレスタイヤ以外のタイヤをいうので、サマータイヤとも呼ばれます。

 

一般的に使われるタイヤのほとんどが、このコンフォートタイヤです。雪の降る地域以外では一年を通して使われ、磨耗しずらく、衝撃にも強く、低燃費対策などの技術が盛り込まれています。

 

 

スタッドレスタイヤ

「スタッドレス タイヤ」は、雪道専用のタイヤで、滑りやすい路面でもしっかりとグリップするように作られています。スパイクを使用せずに、スパイクタイヤと同等の性能を持つように開発されました。

 

トレッド部に深く、幅の広い溝があり、様々な工夫がなされています。表面に排水性を考えた溝のあるものや、植物の殻を混入させるなど、各メーカーごとに特徴があります。
スタッドレスタイヤには、チェーンの必要もありませんが、氷状になった路面では性能を発揮できないこともあるので、タイヤを過信せずに運転上の十分な注意が必要です。

 

 

テンパータイヤ

「テンパー タイヤ」は、テンポラリータイヤの略で一時的なタイヤという意味です。その名の通り、通常のタイヤがパンクなどにより走行できなくなった場合の応急用タイヤです。トランクの下部に格納されていたり、SUV車などリヤ部に取り付けられいるものもあります。
標準タイヤより細いタイヤを、高めの空気圧で使用します。あくまでも応急用で仮に装着されるタイヤなので、長い距離の移動や速度を上げての走行はできません。

 

 

ディスクホイール

「ディスク ホイール」は、タイヤが組み込まれる部分で、タイヤを保持するリムと、車のハブに取り付けられるディスクをあわせた呼び方です。タイヤに作用する力は、このディスクホイールを通じて伝えられます。

 

ホイールの構造には3種類あります。
1ピースホイール : リムとディスクが一体になったタイプ。
2ピースホイール : リムとディスクを組み合わせたタイプ。
3ピースホイール : 2つに分かれたリムとディスクを組み合わせたタイプ。

 

素材では、スチール製は強度があり製造コストが抑えられるため、多くの車に装着されています。スチールよりも高価でデザインが豊富なものにアルミホイールと、マグネシウムホイールがあります。