自動車保険の種類とその内容

MENU

自動車保険の種類とその内容

自動車保険には大きく分けて自動車損害賠償責任保険である強制保険、また、任意保険、そして農協や全労災などで取り扱う自動車共済の3つがあります。一般的には自動車保険といえば強制保険と任意保険が認識されており多くの人が加入をしています。

 

強制保険とは自動車事故などにおいて被害者の救済を第一に考えられており対人賠償に限られた内容をもっています。また、自動車や原動機付自転車の所有者は加入をしなければならないことが法律で定められており、これが、強制保険と言われている理由です。対人にのみ適用される特徴を持っており、それは被害者のケガや死亡にのみ対応することを意味し、加害者のケガや物損に関しては賠償金の対象とはなりません。

 

事故の場合に相手側が任意保険に未加入の場合には被害者は賠償金をもらうことができなくるので、それを未然に防ぐために設けたれた保険といえます。支払い内容としては死亡の場合が3,000万円、ケガの場合が120万円、後遺障害の場合が程度に応じて75万円~3,000万円、常に介護が必要となる場合には4,000万円となっており、金額は加害車両1台につき、被害者1人の金額で1件の事故の総額ではありません。

 

任意保険に関しては、その賠償金などが億単位になるなど高額になりやすい交通事故に対応するために、個人が任意でかける自動車保険を指します。任意保険はその賠償金によって被害者の保証をするだけでなく加害者の生活も守る役目も持っています。それは高額の場合などは支払うことができすに加害者の自己破産や家屋の売却にもつながる場合があるからです。任意保険は賠償責任保険と傷害保険、そして車両保険の3つに分けることができますが、加入をする場合には内容を理解しておく必要があります。

 

賠償責任保険には対人賠償、対物賠償、そして傷害保険には自分や同乗者に対しての保険、また車両保険は自身の車に対する保険と、その内容も決まっています。また、加入をする場合においても現状を理解して契約をしないと、補償償額が大きくてもその分掛け金が高くなってしまうので、よく内容を検討してから加入することが必要です。

 

自動車保険の目的に応じた選び方

すべてのドライバーが強制加入となっている自賠責保険と違って、任意に加入する自動車保険の場合には、さまざまな種類があり、しかもドライバー自身がその種類のなかから選び方を工夫して組み合わせることができることになっています。

 

そのため、自動車運転免許を取り立ての人などは特に、自動車保険の選び方について迷いが生じるものですが、このような場合には、まず、自動車保険で保護したいものは何かという目的に応じて選ぶようにすれば間違いがありません。

 

例えば、交通事故で加害者になってしまった場合、被害者である相手から多額の損害賠償金を求められることになり、後遺障害が残った場合や死亡させてしまった場合については、数千万円から数億円の支払いとなることも珍しくはありません。

 

こうした相手への損害賠償に対応したいのであれば、自動車保険のなかでも対人賠償保険や対物賠償保険への加入が勧められます。
対人賠償保険はケガや死亡といった主に相手の身体的な被害にかかわるもの、対物賠償保険は相手の車や電柱などの物の被害にかかわるものと覚えておけばよいでしょう。

 

いっぽう、交通事故になって被害をこうむるのは相手ばかりではなく、自動車保険に加入している人自身や同乗者についても同じです。こちらの側の被害についての補償が必要であれば、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険などといった種類への加入が適当です。

 

人身傷害保険や搭乗者傷害保険はケガなどの身体的な損害に、車両保険は車両そのものの損害に対応した保険と考えればよいでしょう。
なお、保険の種類によって、補償される範囲にはさらに細かな違いがあり、例えば自動車に搭乗中の交通事故のほかに、歩行中や自転車に乗っている最中の交通事故まで含まれるのかどうかなどといった点での違いが生じます。
具体的に自動車保険の契約をするにあたっては、こうした取り決めをしている保険約款とよばれる書類の内容によく目を通し、慎重な選び方をすることが大切となります。

自動車保険の種類とその内容記事一覧

車を運転するのであれば心配なのが、「万が一」と言う事になります。事故は最悪の場合、取り返しのつかない物へとなってしまう場合もあり、加害者が被害者へ怪我などを負わせた場合や車を破損させた場合、場合によっては個人では賄いきれない物となる事もあるのです。万が一の際には、自動車保険というもの効果を発揮してくれるのです。車を運転するからには、自動車保険に加入することはとても大事な事です。現在では任意ですが、...

自動車保険はさまざまな保険会社によって運営されるようになりました。しかしそれぞれの保険会社によって、自動車保険の価格はおおきく変わってくることになります。全く同じような条件であっても価格差が出るということは珍しくないのですが、ではどうして自動車保険において価格差が生じるのでしょうか。これにはいくつかの理由がありますが、ここ数年間の動向において非常に大きな影響を与えているのが、通販型自動車保険の登場...

家族で会員になっている場合は、自動車事故等で契約している車に何かがあっても、安心して保険が支払えるような状況になっています。対人や対物など自動車保険の詳細にはいろいろなものがありますが、特約を含むプランにあらかじめ加入していけば、十分な金額を補てんしていくことも可能なのです。さらに入院時による諸費用にも充当させることが見込めるため、保険の素晴らしい恩恵をこういった場でも感じ取ることができるようにな...

自動車を運転する方なら誰でも自動車保険に加入しているはずですが、自動車保険には保険期間があるので満期を迎える前に更新の手続きを行う必要があります。代理店型の自動車保険では担当者と面談しながら詳しい説明を受けながら更新手続きができます。保険期間が満了に近づくと慌ててしまいますが、急いでいる時に限って仕事の都合で時間が作れないということも考えられるので、できるだけ早めに更新手続きを済ませるようにしまし...

自動車を運転するドライバーは、自賠責保険と任意の自動車保険の両方に加入するというのが一般的になっています。どちらも損害保険会社の本社、あるいはその代理店になっているカーディーラーなどが契約の窓口となっており、一見すると似通った内容なのにどうして両方必要なのかと不審に感じることもありますが、これには明確な違いがあります。まず、自賠責保険というのは、自動車損害賠償保障法とよばれる国の法律によって、道路...

自動車保険に加入するときの手続きは、車の購入から納車日までに行います。インターネットや代理店から手軽に申し込むことが出来るので、購入するときにはどの保険に入りたいのかを考えておきます。契約の手続きや保険が開始されるまで時間が掛かることもあるので、出来るだけ早めに手続きを行うようにします。自動車保険を乗り換えるときには、乗り換えたい会社に他の会社から乗り換えたいことを伝えます。二重契約を避けることだ...