自動車保険の手続きや必要なものについて

MENU

自動車保険の手続きや必要なものについて

自動車保険に加入するときの手続きは、車の購入から納車日までに行います。インターネットや代理店から手軽に申し込むことが出来るので、購入するときにはどの保険に入りたいのかを考えておきます。契約の手続きや保険が開始されるまで時間が掛かることもあるので、出来るだけ早めに手続きを行うようにします。

 

自動車保険を乗り換えるときには、乗り換えたい会社に他の会社から乗り換えたいことを伝えます。二重契約を避けることだけでなく、今までの等級を引き継いでいくためにも必要です。

 

代理店の保険会社であれば担当者に伝え、ダイレクト型を利用する場合には申し込み専用ページなどで他社でも契約中という項目を選ぶようにします。今加入している保険の満了間近になって乗り換えると保険を受けることが出来ない期間があるので、最低でも一週間前には手続きをします。

 

乗り換えを行うためには今加入している保険の保険証券や運転免許証、車検証を用意します。以前の保険会社には解約の申し込みをして、解約の意志を伝えます。解約申込書に必要事項を記入して、加入先の保険会社に提出します。保険料が返ってくることもあるので、しっかり確認するようにします。

 

初めて自動車保険に加入するときには納車されているときには加入していないといけないので、早い段階から手続きを行います。見積もりを依頼している段階からディーラーに車検証の手配をお願いして、加入出来るようにしておきます。

 

車検証が無い場合でも車種や初度登録の状況が分かれば計算は出来ますが、用意していた方が正確な値段を知ることが出来ます。車検証が用意出来るようになったら、すぐに保険会社に提出します。他人から譲渡された車や中古車は所有者と契約者が違うので、名義変更を行います。保険会社によって対応が違ってくるので、事前に確認するようにします。

 

親族間で保険を受け継ぎたいときには、契約者を変更するだけです。等級もそのまま受け継がれるので、保険会社に相談をしながら手続きを行います。

 

自動車保険の申し込み手順を確認しよう

自動車を購入する時は車庫を準備したり保険の加入手続きを行うなど必要なことが色々あります。自動車保険には自賠責保険と任意保険があるので、自動車を購入する前にそれぞれの特徴や違いを覚えておくと便利です。

 

自賠責保険は強制保険と呼ばれており、自動車を所有したら誰でも加入しなければなりません。自賠責保険は自分で手続きしなくても販売店の方で代行してくれるので特に心配することはないでしょう。更新に関しても車検の時に一緒に行うことになるので、普段はあまり意識することもないでしょう。

 

しかし、もう一方の任意保険は自分で手続きを行う必要があります。自動車保険を扱う保険会社を探したり、ダイレクトに自動車保険を探すこともできます。多くの保険商品が存在するため、様々な角度からチェックして比較することが大切です。インターネットの比較サイトを見ればお得な自動車保険が見つけやすいので、保険料や補償内容などを比較しながら自分に合った保険を選びましょう。

 

自動車保険に加入する際の手順を確認してみましょう。複数の保険商品を比較するためには一括見積もりサイトを利用すると便利です。保険料の見積もりに必要な情報を入力し送信したら、数日後には複数の保険会社から見積もりが届くようになっています。メールやハガキで送られてくるので内容を確認し、一番お得な保険を選びます。

 

見積もりした内容で申し込みをするなら保険会社に連絡して申し込みの意志を告げましょう。手順としては保険会社から書類が届き、返送と保険料の入金が終われば契約となります。ただ自動車保険の加入手順は保険会社ごとに違ってくるので、申し込みを決めた時点で流れを確認しておくと安心です。

 

ダイレクト型の自動車保険ではインターネットからの手続きも可能です。見積もりを試した後に加入手続きを行えばインターネットだけで手続きが完了するので、忙しい方にも便利な方法と言えます。スピーディーな手続きが可能なため、自動車の納入日や保険の更新日が迫っている時にも便利です。