自動車保険の保険期間と更新について

MENU

自動車保険の保険期間と更新について

自動車を運転する方なら誰でも自動車保険に加入しているはずですが、自動車保険には保険期間があるので満期を迎える前に更新の手続きを行う必要があります。代理店型の自動車保険では担当者と面談しながら詳しい説明を受けながら更新手続きができます。

 

保険期間が満了に近づくと慌ててしまいますが、急いでいる時に限って仕事の都合で時間が作れないということも考えられるので、できるだけ早めに更新手続きを済ませるようにしましょう。通常は更新を知らせるハガキが届くので、自分で覚えていなくてもハガキを確認すれば更新が近づいていることを思い出させてくれます。

 

ダイレクト型の自動車保険の場合は、保険期間が満期になっても解約する意志を表示しなければ自動的に更新される保険会社もあります。忘れていても自動的に更新されると思えば安心ですね。

 

更新手続きを毎年行うのは面倒だという方もいるでしょう。実は一年関の保険期間以外にも柔軟に対応しているので、短期の契約や長期の契約も行うことができます。短期の場合は一日単位での契約が可能となっており、普段は運転しない方でも友人の自動車を借りて運転する時等に利用すると便利です。

 

他人の自動車を借りて万一のことがあっては大変ですし、相手や自分自身、搭乗者の補償もないと不安で運転できませんね。短期間の自動車保険でも対人賠償保険や対物賠償保険、搭乗者傷害特約といった基本的な補償が含まれています。

 

通常の保険と変わりはないですから、必要な日数だけ加入できて助かりますね。しかも契約する日数に応じて保険料が決まってきます。一年単位で加入する保険とは違って一日や二日の保険なら低料金で加入できます。基本の補償以外にロードサービスも付いています。ドライブ中に故障したりガス欠になってしまった場合でもロードサービスが駆け付けてくれれば安心でしょう。

 

長期間の保険では三年間という長い保険期間を設定することも可能です。その間は面倒な更新手続きもありません。

 

期限切れには注意したい自動車保険について

自動車を所有している方の多くは自動車保険に加入していることになります。

 

もっとも、強制加入保険として知られている自賠責保険の場合では、自動車を購入した際や、車検を通すような場面でも、必ず加入しているものになりますが、一般的にはメインとされている自動車保険に関しては民間企業によって提供されている任意加入の自動車保険になります。

 

任意加入という言葉を用いていることによって、正確には加入しなくても自動車を走行させることは可能とされていますが、現実的な部分としては、任意加入の自動車保険に加入していない方の場合では、万が一の交通事故に遭遇してしまった場面で、特に加害者側になってしまったならば、自賠責保険では限られた金額での対人賠償しか補償されないために、実質上として任意加入の保険も必要とされている一面を持っています。

 

そんな中、自動車保険には期限というものが用意されており、長期加入も可能としている保険商品も存在しているのですが、通常では1年ごとの更新を必要としています。

 

その結果として期限切れに関しては十分に注意したい部分になり、一般的には加入をしている保険会社が満期が近付くと何かしらの通達をしていることが多く、期限切れの対策を行っているものを利用することもできます。

 

期限切れに関しては、自動車保険の場合では、日付だけではなく時間まで指定されていることが一般的になるために、万が一、更新手続きをし忘れた場合では、新しく加入するまで自動車の運転を控えることが望ましいことになります。

 

現在ではダイレクト型の自動車保険なども注目されており、インターネットを介して利用することを可能としているものになりますが、インターネット上では24時間にわたって受け付けをしていることになるために、期限切れを起こしてしまうことが無いように、早めの切り替えを行うことが推奨されています。

 

また、期限が近付くことによって、一括見積りなどを利用して、保険商品の見直しを行うこともおすすめになります。