自賠責保険と任意の自動車保険の違い

MENU

自賠責保険と任意の自動車保険の違い

自動車を運転するドライバーは、自賠責保険と任意の自動車保険の両方に加入するというのが一般的になっています。

 

どちらも損害保険会社の本社、あるいはその代理店になっているカーディーラーなどが契約の窓口となっており、一見すると似通った内容なのにどうして両方必要なのかと不審に感じることもありますが、これには明確な違いがあります。

 

まず、自賠責保険というのは、自動車損害賠償保障法とよばれる国の法律によって、道路を運行するすべての自動車に加入が義務付けられている強制保険であり、普通自動車のほかに、バイクや原付自転車なども対象に含まれています。

 

自賠責保険は、交通事故の被害者が最低限度の保険金を受け取ってケガなどの損害を回復できるようにするためのもので、ドライバーから広く薄く負担をつのるため、一般に保険料もかなり割安となっています。

 

ただし、その補償内容としては、自動車による交通事故でのケガ、後遺障害、死亡といった被害に限定されていますので、相手の自動車やガードレールなどの物の被害については、いっさい保険金がおりません。

 

また、後遺障害の場合で最高額が4000万円、死亡の場合で最高額が3000万円と、保険金の上限も設けられていますので、場合によっては法律上の損害賠償額に足りないおそれも出てきます。

 

いっぽうの任意の自動車保険は、こうした自賠責保険で不足する部分をカバーするために加入するものであり、加入するかどうかはドライバー自身の任意となってはいますが、実際には交通事故による損害賠償に備えて加入する必要性の高いものです。

 

任意の自動車保険では、対人賠償保険のほか、対物賠償保険、人身傷害保険、車両保険など、いくつものバリエーションが設けられていますので、人、物にかかわらず、また自他ともに交通事故での損害があれば保険金が下りるようになっているという違いがあります。

 

また、保険金の金額についても、契約者が適当な上限を決めることができるいっぽう、無制限という決め方もできることから、仮に被害者から高額の損害賠償金の請求があったとしても、十分に対応できるようになっています。