車を売るときの必要書類とは

MENU

必要書類を揃えて査定・売却を

車を売る際の査定時には必要となる書類がいくつかあります。直前になって慌ただしく用意すると、つい不備が起こってしまいがちなので、時間を取って1つ1つ確認することをおすすめします。

 

自分で用意する6つの書類・必要物

中古車店に車を買い取ってもらうときには、自分で準備しなければならない書類がいくつかあります。取得に手間がかかるものもあるので、早めに手配を進めておいてくださいね。

 

「実印」は欠かせない

シャチハタ印では契約できません。市区町村の役所にきちんと登録された「実印」は絶対に必要です。その他、不動産を買ったり銀行口座を作ったり各種のローンを組んだりする時にも欠かせない、「個人証明」となるので、必ず用意しておきましょう。

 

実印の「印鑑証明書」

役所に届けている実印の「登録証明」です。契約のためには、3か月以内に受け取った印鑑証明が必要です。印鑑登録を行った自治体の窓口で申請すれば手に入りますが、発行してもらうためには実印を作成した際にもらう「印鑑登録証」の提出を求められます。

 

リサイクル券

多くの人がおそらく車検証などと一緒にダッシュボードに放置している書類「リサイクル券」。リサイクル料金を支払ったことを証明する書類で、もし紛失した場合も代用が可能です。「自動車リサイクルシステム」というHPに入り、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷し、販売店に持ち込みます。

 

査定時にも必要な「自動車検査証(車検証)」

車が然るべき整備状態に達していることを証明する書類で、運転時にも必要な書類。よって多くの人が、やはり車の中に保管しているはずですが、紛失していても救済はあります。査定にも必要なので、見当たらない場合は労を惜しまず運輸支局を訪ねて再発行してもらってください。

 

ちゃんとあるよね? 「自動車損害賠償責任保険証」

これもまた査定時から必要となります。「自賠責保険証」という呼称が一般的でしょうか。車検証と一緒に保管されている方が多いかと思いますので、確認してみてください。もしどこにもない場合、これも手間ではありますが保険会社に再発行を頼むことになります。

 

自動車税納税証明書

常識的なカーユーザーとして毎年自動車税を支払っていれば、手元に残っているはずです。自動車税を納めたことを証明するこの書類、紛失の場合は自動車税管理事務所、あるいは各都道府県の税事務所で再発行してもらってください。軽自動車の証明書は区役所でもらえます。